読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢成さねば夢のまま

なんとなく、な日々を生きていました。 昨日まで。今日からは…?

何から何を何処まで何故

やりたいことがたくさんある。
どれから始めるのか迷う間、何もできず只時間だけがすぎてしまう。
困りだー。

一つずつ、とは思っても優先順位が付けられない。
たぶん、心の声が小さいのだろう。
どうしたものか。

とりあえずウルトラマンシャンゼリオンの感想でも書いてみようかな。

ウルトラマン『ウルトラ作戦第一号』
ウルトラマンは小さい頃から大好きだったけど、実は昭和のはほとんど観たことがなかった。
怪獣図鑑読みまくりで知識だけは持ってたけど再放送やウルトラマン列伝で何話か観たくらい。
アマプラに入っていい機会だから全部観てみようと
思い、観てみてる。
そんな訳で第一話。
青い制服が見慣れないけど、こんなのあったんだな。
キャンプ場の感じが本当にキャンプって感じで好きだ。
湖底とのはさみ打ちはベムラー可哀想に思える。
しかしレーザーガン強すぎない?
この先も普通に怪獣を寄せつけないくらいの威力がある。
ウルトラマンのカラータイマー点滅早すぎ!
しかも死ぬ直前くらいのスピードにすぐなるからこれ倒せるのか?と不安になる。
ウルトラマンと命名するのも潜水艦持ってこさせるのも誰も違和感なく受け入れているのがいいね。
こういうもんなんだ、と逆におおらかな気持ちになれる。